日本人の食生活に合ったお勧めワイン

白でお勧めするのがリースリングやソーヴィニヨンブラン

実際にリカーショップや、デパ地下やスーパーなどを見てみると必ずといっていいほど置かれているのがシャブリの白です。
シャブリはその昔、海であったため牡蠣殻など石灰質の地質が隆起してできた土地のため、牡蠣と非常に良く合うと言われています。
しかし逆を言えば、牡蠣のような濃厚で独特の癖があるものでなければ合わせにくいとも言えます。
そこで白でお勧めするのがリースリングやソーヴィニヨンブランといった品種です。
これらはシャルドネに比べると優しい味わいが特徴で野菜や白身魚など淡泊な食材とも合わせやすく、まさに日本料理は適していると言えるでしょう。
また、日本料理ではおなじみの柚子など、柑橘系の香りや酸味を少しだけ料理に加えると白と料理との相性が格段にアップします。
このように赤白それぞれについて説明してきましたが、それぞれ共通して言えるのがどちらも比較的味わいや香りが強い方が日本では好まれているということです。
これは推測ですが、恐らく以前日本に入ってくるワインと言えばとにかく甘くてとても食事に合わせられるものではないものが多かったため、その反動として渋くて濃く、甘くないものが好まれている可能性があります。
しかし、今ではそれよりも更に一歩進んで様々な品種や産地のものが販売されていますし、ソムリエの資格を持った方も増えてきています。
ワインにはテロワールと言われるその産地の地理、気候、地質の特性を表す言葉あるように、味わいや香りは品種や産地によって細かく違ってきます。
また、日本が誇る和食は他の国の料理に比べると旨味や香りなど繊細な味わいが特徴と言えます。
また、相性の良いお酒と料理の組み合わせを結婚になぞらえてマリアージュと言いますが、まさに日本の和食の繊細さとワインはマリアージュを探すのに絶好の組み合わせではないでしょうか。
是非、皆さんもオリジナルのマリアージュを探してみてください。

フルボディは日本人の普段の食事には非常に合わせづらいお勧めなのがピノノワールという品種です白でお勧めするのがリースリングやソーヴィニヨンブラン

ワイン通販カーヴ the Select – 厳選ワインの通販/定期購入サービス